<<ダンベル・バーベルなどトレーニング用品がオール特化!!>>

ボディビルのドキュメンタリー パンピング・アイアン

1977年に製作され、当時28歳のアーノルド・シュワルツェネッガーを中心に、数人のボディービルダーを追ったドキュメンタリー。5度のミスター・オリンピアに輝いたシュワルツネッガーが6度目の栄冠に挑戦する姿を真摯に追っていく。

「大会で勝つためには手段を選ばない」と言わんばかりの心理的攻防戦など、ボディビル大会の裏側までもセキララに映しています。このような真実を知ることができ、選手たちの執念を深く認識できます。

メインはやはりアーノルド・シュワルツェネッガーのトレーニングシーン。これは圧巻です。プロが行う時限の違うトレーニング、限界ぎりぎりのラインまで追い込む様は圧巻です。

トレーニング方法やマシンなど何十年も前のトレーニング映像でありながら非常に高度だと言うことがわかり、日本はアメリカと比べ10年遅れているということが実感できる内容でもあります。

そして種目による筋肉の動きや動作など、とても勉強になる映像でもあります。これを見ると筋トレに対するモチベーションが非常に高くなります。

映画に出演しだした頃のアーノルドの体とは一線を画した、最高の肉体を是非とも見てほしいと思います。

アーノルドのトレーニング(パンピング・アイアンより)

ヤバイ!まじヤバイです。アーノルド カッコよすぎです!

<<ダンベル・バーベルなどトレーニング用品がオール特化!!>>

海外ボディビル画像・動画集トップページ